騒音で悩まされる

騒音で悩まされる

私たちが隣の大学生の騒がしさに頭を悩ませた日から1週間はまた平和な日常が戻ってきました。

特に騒がしいことも何もなく、私はゆっくりとベッドに横になってストレスを感じることもありませんでした。

1週間何もないと、あの騒ぎのこともまぁ大学生だしたまになら仕方ないと思えるようになりました。

しかしそんな考えはやはり甘かったのです。

この後私たちは本気で引っ越しを考えるような事態に巻き込まれます。

実際に不動産屋を訪れたり、引っ越しの見積もりをとったくらいです。

騒ぎが起きてから2週間ほどした日のことです。

私の体調もあまりよくなりませんでしたので、退職の方向で話を進めていました。

退職の日も決まり、それまでは有給を消化するということで出勤はしなくても良いことになりました。

その日から私は家にいて専業主婦のような形となりました。

ちょうどその時期と同じ頃、お隣の大学生にも変化があったようなのです。

なんだかその頃から昼夜問わずがさごそとした生活音が聞こえてくるようになりました。

うちのマンションはそんなに音がもれるようなところではないと思います。

事実逆側の隣の方からは音など聞こえてきません。

ちょっとした物音などならばそこまで気にならなかったのかもしれません。

しかし隣から聞こえてくる音は明らかに騒音のレベルです。

それに加えてどうやらギターを弾いているようです。しかもエレキなのか日によって音量はまちまちです。

さすがにあまりにうるさいので注意をしようかと思ったのですが、やはり女性が男性に注意をするのはちょっと気がひけますよね。

夫に頼もうかとも思いましたが、今のご時世ちょっと注意をしただけでも逆恨みをされたりします。

やはり管理会社にいうしかないという結論になりました。

しかし管理会社も注意しますと言うだけで、結局は何も変わらずです。

楽器の音などで悩まされるということはよく耳にはしますがまさか自分が引っ越した先でそんなことがおこるなんて思っても見ませんでした。

結局この騒音とは夫の転勤まで付き合わされることになったのです。